2006年09月18日

ドラバーン

9/16に行われた公認大会で使用したデッキです。
まずはデッキ紹介。

『ドラバーン』

モンスター/17枚
上級3枚
溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム
可変機獣ガンナー・ドラゴン×2

下級14枚
魔鏡導師リフレクト・バウンダー×3
魔導戦士ブレイカー
異次元の女戦士
逆ギレパンダ
お注射天使リリー
ステルスバード×2
デス・コアラ×2
マシュマロン
魂を削る死霊
メタモルポット

魔法/11枚
天使の施し
サイクロン
スケープ・ゴート
月の書
光の護封剣
ご隠居の猛毒薬×3
ハリケーン
封印の黄金櫃×2

罠/12枚
仕込みマシンガン×3
運命のドラ×3
自業自得×2
おジャマトリオ×2
魔法の筒
破壊輪

計40枚


サイドデッキ

モンスター/3枚
上級0枚
下級3枚
デビル・フランケン×3

魔法/5枚
巨大化×2
リミッター解除
ハリケーン
大嵐

罠/7枚
威嚇するホウコウ×2
和睦の使者
激流葬
ライフチェンジャー×3


融合デッキ/8枚



運命のドラを使用したくて組んだデッキです。

『運命のドラ』
通常罠
【効果】
相手ターンのみ発動する事ができる。
相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択する。次の自分ターン、選択したモンスターより1つレベルが低いモンスターの召喚に成功した時、相手ライフに選択したモンスターのレベル×500ポイントダメージを与える。

309、EE2に収録、共にノーマル。


かなりクセのあるカードですが、決めた時の爆発力は凄かったりします。
レベル4で2000、レベル5で2500、そしてレベル8で4000ですからね。
重複もいけますし。ドラ2、ドラ3という風に。

といわけでデッキ解説。

運命のドラを使うにあたり、重要なのはモンスター。
大体のデッキで軸となるのはレベル4モンスターなはずなのでレベル3のモンスターを用意します。
このデッキではレベル3モンスターが8枚入っています。しかし死霊やマシュ、コアラは召喚しないので基本的にはステバとリリー、逆ギレを召喚に使います。まあ、決め手になるのなら無理やりにいってもいいのですが。
また、サイバー・ドラゴンも多いと予想し、レベル4モンスターをいつもより多目に入れてあります。
ガンナー・ドラゴンはラヴァとの合わせ技の為に入れてあります。

このデッキの使い方としては、多少無理をしてでもラヴァゴとガンナーでドラを決めにいきます。
櫃を引いたらラヴァゴをサーチ、ラヴァゴがあるならガンナーをサーチという風に手札を揃えていきます。

サーチの優先度はラヴァゴ>ガンナー≧ドラ=その他、ですね。

揃いそうになかったら、手札と場のカードを使って焼いてください。


サイドはまあ、デビフラ狙いですね。
そして、回復メタにライフチェンジャー、戦闘系1KILLメタに威嚇と和睦という風な感じです。

今回は見事にメタは空振りしてしまったんですけどね。

今回、ラヴァゴでドラを狙うと言っておきながらラヴァゴが一枚なのは一枚しか持ってないからです。
二枚は欲しいかも、三枚はいらないかな?

派手に焼きたいならドラはいいですよ。


―まあじゃんをしている気分になれますよ〜、の―
葛城でした。
posted by 葛城抜刀斎 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯王 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。