2013年06月03日

使えそうで使えない?

たまには更新しとかないとなぁ〜


少し前に真遊戯王環境でフリーした時のこと。

いつものバーンを使っていた訳ですが…結構厳しい感じがしました。

特にリリーが禁止っていうのが地味に効いています。
元々制限で、制限でなくとも1積みですが、あるかないかはかなり大きいですね。
リリー1枚で高打点・モンスター除去・牽制など結構な役割があるわけで、ないと分かっていると相手が動きやすく、こちらの算段が立てにくくなるという…

まあ問題はリリーだけじゃないんですが…


それは開闢と終焉。


題にもなっている『使えそうで使えない?』がこいつらです。
当時は持っていなかったという理由で入ってなかったのですが、まあ持っていたら使っていたと思います。
しかし今になって、まだ実際にフリーはしていないんですが、構想の段階だと微妙過ぎてなんともいえない状態。

確かに“強い”っていうのはわかります。
高打点で除去にもなり、牽制もできる。
先述したリリーの役割を担う、いやそれ以上の働きをするのがこいつらです。

しかし当然、欠点もあるわけです。
それは召喚条件です。

墓地の光属性と闇属性のモンスターを除外しないといけないところです。

リリーは手札にあったらすぐ出せるわけですが、こいつらはまずは下準備が必要になります。

下準備をするだけの爆発力はありますが、その下準備をどうするか。
特に光属性モンスターをどうするかが問題になっています。


この真遊戯王の環境下で(開闢以外で)使えそうな光属性モンスターは、

異次元の女戦士

ほぼ1択。

異次元の女戦士ほど使い易く、デッキを選ばずに投入できるカードはありません。

他にもいるにはいますが、

サンダードラゴン
シャインエンジェル
ルーレットボマー
魔鏡導師リフレクトバウンダー
など

なんともいえないラインナップ。
デッキのコンセプトからいうと、バウンダーなら許容範囲内かなという位。

ですが、幸いにもマシュマロンが使用可とのことでコンセプトから見ても此方を優先して採用する感じでまとまって来てます。

すると、

異次元の女戦士
マシュマロン
魔鏡導師リフレクトバウンダー

で要調整という形に。

しかしながらこれは採用に値する光属性モンスターであり、必要な時に墓地にいてくれるかどうかはまた別問題。

特に異次元の女戦士は除外ゾーンに行くことが多く、あまり墓地にいてはくれない。
またマシュマロンも戦闘破壊されない為に場持ちが良い。そして異次元の女戦士の採用率が高いために道連れ候補の筆頭に挙がるカード。
バウンダーは墓地に行きやすいけども、制限なので大きな期待は出来ない。
となると、墓地には誰がいるのかって話になります。

以上を踏まえて、開闢と終焉を出せずに抱え死ぬというビジョンが頭から離れないわけです。

天使の施しやメタモルポットで光属性をワザと捨てるというのもありますが…
メタモルポットは一緒に開闢や終焉を抱えていると伏せるかどうかを躊躇してしまいますね。

それに、光闇以外にも入れたいモンスターもいます。


だからと言ってモンスターを増やすと魔法罠を減らす必要が出てくる。
でも魔法罠は火力に直接関係してくるものが多く、必須カードもあるのであまりいじりたくないし…

などなど、デッキ全体のバランスにかかわってきます。


また自分のデッキだけでなく、相手のデッキにも左右される部分もあります。

具体例を挙げると、死のデッキ破壊ウイルスと霊滅術師カイクウのふたつ。

開闢と終焉は共にパワーが高いので、死デッキの良い的になります。
出す前に墓地送りをかまされるとどうしようもありません。
まあ開闢なら終焉の素材になってくれるかもなので、前向きに捉えることもできますが…

あとそれ以上に問題なのはカイクウの存在。
墓地のリソースを削り且つ、除外封じとなると天敵以外の何者でもないわけで。
パワーも高いため、戦闘破壊もしにくいし、特にバーンのような除去手段が極めて少ないデッキでは、出されたら退かすことが容易ではありません。
こいつを出されただけで、開闢終焉を抱え死ぬリスクが高くなるわけです。


とまあつらつらと書いてきたのですが、一言でいうなら



『デッキバランスを崩してまで入れるカードなのか?』



ということですな。

まだまだ机上の空論なのでどうなのかわかりません。

これらのマイナス分がどれくらいなのか。
このマイナス分を帳消しまたはプラスに持っていけるだけのメリットがこいつらにあるか。

などは実践で見える部分もあると思います。


まあなんというか、とりあえずやってみるのが大事ですね。

『百聞は一見に如かず』

てなもんですかね?
あってるかどうかわからんけど。


―ともあれ、デッキ作るのが楽しいですね〜、の―
葛城でした。
posted by 葛城抜刀斎 at 03:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯王 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/365012421

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。