2005年10月03日

大会レポート

10月2日に開催された遊戯王OCG公式大会に出場してきました。

参加者:32人

形式:トーナメント

使用デッキ:フルバーン

1回戦。
かなり決闘し慣れてる子でした。
1戦目はメタモルポットがうまい具合に回り、手札が切れることなく優位に進めることができました。途中、人造人間―サイコ・ショッカーに苦戦するもブラック・ホールで除去できたので事なきを得ました。相手残りライフ4800くらいを仕込みマシンガン×2(場と手札合わせて11枚)+ご隠居の猛毒薬で一気に焼き勝ちました。
2戦目は相手がサイドを使うみたいなのでこちらもサイドからネフ+カオス型に。
序盤から押される。基本的にサイド15枚でスタン(?)っぽくもっていくのですが、もとがもとだけにライフ>アドのカードばかりなので手札&場が維持できない。ネフティスの鳳凰神が出せて流れを持っていこうとするが、激流葬で流されて次ターンにダイレクトをくらい負けました。
3戦目。2戦目を見た感じバーンの対策をしていないということが分かりデッキを1戦目の状態に戻す。序盤にメタモルポットが除去されたのは困ったけど、サイバーポッドは回ったので手札補充ができ、仕込みマシンガンの火力も上がる。そして、モンスターが自分相手合わせて6体もサイポから出てきたので停戦協定を撃って焼き勝ちました。

○×○


2回戦。
来夢さんと。新しいデッキだったのでどう動いてくるのか分からない。が、こっちはやることは1つ、ただひたすら焼くだけ。
1戦目。来夢さんはひたすらアドを取らないように動いてくる。仕込みマシンガンの火力は下がっても何とか他のカードで焼いていく。しかし、決めてはやはり仕込みマシンガン。焼ききり勝ちです。最後は手札0の場はステルスバードのみ、辛かった。
2戦目。サイド変えはナシ。来夢さんはアリ。魂を削る死霊によるハンデスがかなり効いた。中盤からは本命のデス・ウォンバットまで出される。砂漠の光を引くもサイポを引かずそのままぼこぼこ。せめてディメンション・ウォールでも引いていれば…で、負け。
3戦目。1回戦の2戦目にしくじったネフ+カオス型に変える。今回もかなりの消耗戦。しかし、カオス・ソーサラーを召喚して流れはこちらに。ピラミット・タートルからヴァンパイア・ロードを出されるも次の自分のターンにソーサラーで除外して導き手→鳳凰神でダイレクトで勝ち。

○×○


3回戦。
蝉○さんと。○さんはガジェを使っていました。
1戦目。○さんは初手にガジェがないorあえて出さないのか分からないが同族感染ウイルスを軸に殴りかかってっくる。返しに○さんのエンド時にスケゴから次ターンに強制転移で奪う。しかし○さんは強奪で無理やり奪い返し、殴りかかってくる。私はモンスターを守備で粘っては見たもののモンスターが尽きてぼこぼこにされました。
2戦目。よく覚えていないがかなり必死だった。頭の中でダメージの計算をしていき、届くと思った瞬間にもうなんか手が動いていました。「妨害されたら負け、ただそれだけのこと」みたいな感じで。…焼き勝ち。
3戦目。初手にメタポがあり、ドローで太陽の書を引く。しかし手札はモンスターばかりで撃つことを躊躇う。機会を狙って、狙って、手札にモンスターがメタポだけになったところで撃つ。しかし、なかなか…ね。あともう一息まで追い込んだのだが私の判断ミスが命取りとなる。ジャイアント・ウイルスで特攻を考えたら落とし穴で落とされてしまったよ…。素直にマシュマロンを伏せておけばよかった。結果、600くらい届かなくて負け。

×○×


3回戦敗退です。
ちなみに優勝は蝉○さんでした。おめでとうございます。


いや〜、しかし私はデッキによって性格が変わるというか何と言うか。
バーンを使う私は超攻撃的になるみたいで。
もしも(というと悲しいですがあえて言わせて戴きます)3回戦の3戦目の最後、違うデッキで同じ手札だったら絶対にマシュマロンを伏せていた。


悔しさで胸がいっぱいです。


あ、もう一つちなみに何ですけど、MACVがいたみたいです。違うブロックだったのでよく分かりませんが…。
準決勝敗退でした。
というか、竜の血族の効果を間違って理解してるんじゃないのかな?
裏守備には効果は及ばないはずなんですが…
しっかりと調べて、相手に説明できるようにならないと。
セルフでなくてしっかりとした審判をつけてもらいたいものです。



葛城でした。
posted by 葛城抜刀斎 at 16:20| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯王 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。